脱毛 生理

生理中は何で脱毛できないの?生理とお肌の関係とは?

生理が順調に来ている人であれば、
25日から35日に一度の周期で生理が来ることになるでしょう。
期間は一週間程度は生理の状態ですので、
生理ではない時は、28日周期の人であれば、21日程度になります。
脱毛サロンで施術を受ける場合には、
生理中には施術がうけられないところが多いですので、
その21日の間に予約を取らなくてはなりません。
そうなると自分の都合に合わせて予約を取るのが難しくなりますが、
なぜ生理期間中は施術を受けられないとしているサロンが多いのでしょうか。
なぜそのような決まりを設けられているかにはちゃんとした理由があります。

 

VIOに関しては衛生的な問題があるからというので、
何となく想像はつくかもしれませんが、
他の部位はなぜダメなのかが気になるところです。
VIO以外の部位に関しての理由としては、
肌荒れの危険性が高くなるというのが理由です。

 

生理期間中には、肌が敏感になっていますので、
そこで脱毛をすれば、肌に赤みが出てしまったり、
痒みを伴ってしまうことがありますので、肌にとってよくありません。
必ずしもそうなるとは限りませんが、可能性として少しでも高くなるのであれば、
サロン側としては控えておきたいと伊野があるでしょう。

 

サロンによっては、それでも施術を受けさせてくれる場合もありますが、
出来ればその期間は避けたほうがよくなります。
肌荒れの危険制だけであればいいと考えたとしても、
脱毛効果が十分に得られない可能性も出てきますので、避けたほうがいいからです。

 

ホルモンバランスが変わる時期でもありますので、
施術を受けたとしても十分に効果が得られなくなる可能性がありますので、
無理をして施術を受けてもメリットがありません。

 

施術を受けるときには、十分に効果が発揮できる時のほうがいいですので、
生理中を避けて施術をした方がお得になります。
1回の回数を無駄にしないためにも、
効果が得やすい時を選んで行う方がメリットがあるでしょう。